いらっしゃいませ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも
毎年10月31日に行われる行事ハロウィン
ちなみに自分住んでる地域では当日ごく普通過ごして一日が終わる模様
それよりもハロウィンって何ぞや?そもそも目的って何?って???と思い浮かぶ人も少なからずはいますでしょうなので今回はハロウィンに関する記事です!

起源は古代ケルト人が考えられたお祭りだそうで、その前にケルト人ってどこの人?そこはググってみてくだいな
元々ハロウィンは秋の収穫を祝い、悪霊払う宗教的なものでしたが現代では宗教的な要素が殆ど面影がありません
現代は家に訪問して「トリックオアトリート」って言えばお菓子がもらえたり、コスプレする風習となっているみたいですね

さてさて、その現代前である宗教的とは一体なんでしょうか?またケルト人が登場しますが、ケルト人の一年の終わりは10月31日で、死者が霊が家族に訪ねてくるという何ともオカルトチックな現象が当時は信じられていたようです。その他にも精霊や魔女も出てくるみたいですよ。しかも有害というおまけつきで
それらに身を守るために仮面を被ったり、魔除けのの焚き火を焚いていたそうです。そうですその仮面こそがジャックオアランタンの由来になったものです。といっても当時はカボチャではなくてカブだったそうです

ハロウィンの行事について少し見てみましょうか
まずはジャックオーランタン
これはおなじみですね。カボチャをくりぬいてナイフで目、鼻、口を作り中に蝋燭を立てるのが主流です
先程にも書いてあった悪霊払いです

次はトリックオアトリート
英語圏では子供たちが「トリックオアトリート」と各家々に訪ね唱えます
直訳すると「悪戯かお菓子か」だそうです。良く「お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ」と聞きますが全然違いますね
まぁ、直訳するこうなると思いますが

最後に仮装、コスプレです
これは米国等が流行しているみたいです
基本的には恐ろしい姿で選ばれるのですが最近の傾向として、スパイダーマンやバットマンみたいな人気キャラのコスプレするのが多いみたいですよ

いかがでしたか?これ以上書くと凄まじい文字数になりますのでここでやめておきます
今回はここまでで
それでは!
スポンサーサイト

【2015/10/29 21:07】 | 日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。